head

脱毛のための知識

ムダ毛脱毛の方法

脱毛はプロに任せるのが最も安心で確実であることは、誰もがご承知のことでしょう。
もちろん私はクリニックでの脱毛を推奨しています。
しかし、「ちょっとしたムダ毛の処理は自分で…」という方が多いのではないでしょうか。
でも、ムダ毛の自己処理は、一歩間違えば大切なお肌のトラブルを招くものであり、決してオススメすることはできません。

自宅で自分なりに行っているムダ毛処理の方法と、その注意点についてまとめてみます。

カミソリで剃る

気になるワキ・すね・Vゾーンなどにカミソリを当てることは、「一時の間に合わせ」くらいにとどめておくほうが無難です。

カミソリはお肌の必要な部分まで削り取ってしまう可能性が大きいのです。
大切なお肌は思っている以上に、簡単に傷ついてしまいます。

また、カミソリの刃はいつも清潔にしておかなければいけませんが、一般家庭でカミソリの刃に雑菌が繁殖しないように保管しておくのは難しいと思われます。

毛抜きやテープを使う

もっとも手軽な脱毛である反面、強引に抜くと毛穴を傷つけたり、毛穴が大きく開いたりするのでオススメしません。

毛穴が大きくなると一つの毛穴から2~3本の毛が生えることがあり、実際以上に体毛が太く、濃く見えることがあります。これでは、ムダ毛処理どころか、余計にムダ毛が目立ってしまうことになります。

また、抜いた後の毛穴を清潔にし、汚れなどばい菌が入らないように配慮しなければいけません。

脱毛ワックスや除毛クリームを使う

温めたワックスを塗った紙や布を張り付け、一気に毛をはがすのが脱毛ワックスを使った脱毛法。

キレイに処理できそうなイメージですが、実際には、はがす時に痛みがあったり埋没毛になりやすいという大きなデメリットがあります。

また、脱毛作用のあるクリームを塗ってから洗い流す除毛クリームによる脱毛では、毛の原料であるタンパク質(ケラチン)を溶かすために、肌がかぶれたり、赤くなることがよくあります。

脱色クリームの場合も同じことですから、とくにお肌に気をつかう方は、控えたほうが良いでしょう。

脱毛機器を購入する

数千円から何十万円もするものまで、今、家庭で使う脱毛機器はまさしく千差万別です。

それだけに性能や品質、効果も価格同様に幅広く、肌に対する影響についても未知数のものが少なくありません。

自分の肌に合うもの、効果の高いものを探すために、何台も繰り返し購入するというのは現実的ではありません。
クリニックやエステで安心・確実な脱毛を行うことをオススメします。

ムダ毛処理グッズ

脱毛への注目が高まる中で、市場にはさまざまなタイプのムダ毛処理グッズが登場しています。

脱毛の効果、使いやすさ、経済性などを熱心にアピールしているそれらの商品ですが、やはりプロのたしかな技術と知識、豊富なノウハウにはかないません。

さらに、間違った使い方をして、取り返しの付かないことになったり、徐々にお肌への悪影響を進行させたりするなど、問題になることも多いのです。
そこまで深刻な問題にならずとも、「効果が無かった」「宣伝と違う」といった不満を抱えるユーザーも多いようです。

毛抜きのような痛みを感じる心配がなく、短時間に確実にイヤなムダ毛を取り除くことができるという「家庭用脱毛器」ですが、クリニックやエステサロンと同じような脱毛効果を得ようとしても、なかなかそうはいきません。

「お肌に優しい」「なめらかで美しいお肌に」といった宣伝文句もありますが、肝心のケアを入念に行わない限り、お肌には決して良い結果にはならないでしょう。

クリニック等で用いられる技術を応用した、さまざまなタイプが登場していますが、やはりアフターケアも含めた、プロの脱毛技術が活きるクリニックやエステサロンにはかないません。

脱毛シェーバーも人気の高いアイテムですが、脱毛する体の部位やお肌の質に合わせて選ばないといけませんから、本当にキレイなお肌を実現したければ、複数を買いそろえる必要があります。

また、メーカーや機種、使用する部位によって、剃る、抜く、整えるなど、脱毛の方法にもいくつかの種類や方法があります。

これが自分のお肌に合っているかどうかが分からないままに使用して、大切なお肌に影響が出ることもしばしばあるようです。

脱毛クリームやリムーバー、脱毛スプレーにも、さまざまな製品が数多く発売されています。

「使いやすい」「1分で脱毛できる」「1mmのムダ毛も残さない」といったアピールを各社・各商品で行っていますが、お肌に直接塗布して、強力に作用する薬剤ですから、刺激の影響を受けやすいお肌にとっては慎重に選んでください。
セルフケアの問題点

脱毛は、「プロの技術とノウハウ」や「最新の脱毛機器」「充実したケア製品」なども完備されたクリニックやエステサロンで行うのが一番です。

しかし、実際には、忙しい現代の女性はなかなかクリニック等に定期的に通って脱毛をするのが難しいもの。そうなってくると、自宅でのムダ毛処理を行うというケースも多くなってきます。

自宅でのムダ毛処理=セルフケアは、女性のエチケットとして必要なことは確かですし、さまざまな脱毛グッズも登場し、気軽にできるようになってきました。

ムダ毛のセルフケアを自宅で行う際に、もっとも多く使われるのがカミソリではないでしょうか。

カミソリでワキや足、腕のムダ毛を剃ることで、すべすべの肌になるのは確かですが、カミソリは上手に使わないと、お肌のトラブルを招いてしまいます。
カミソリを使ったセルフケアでしばしば問題になるのは、肌の潤いが失われてガサついたり、痒みや痛みが出たりといったイヤな症状の出現です。
それらは、カミソリを使う前のプレケア、使った後のアフターケアが不十分なために起こります。

脱毛をクリニック等で行うと、数回通うことで、その部位のムダ毛は二度と生えてこなくなります。

したがって、セルフケアの必要はなくなり、お肌の健康を維持することに集中できます。

しかし、カミソリやピンセット、毛抜き、シェーバーなどを使ったセルフケアの場合、ムダ毛はいつまでも生えてくるので、半永久的にセルフケアを行うことになります。

何度も何度も同じ場所にカミソリを当てたりすることで、その部分が色素沈着によって黒ずんだりすることもあります。せっかく肌をキレイにしようとしたのに、黒ずみが出来てしまっては台無しです。

セルフケアは目立たない場所だけに留め、気になる部分はクリニックやエステサロンで脱毛なさることをオススメします。
脱毛の種類について

クリニックやエステサロンで行う脱毛にもさまざまな種類があります。
その中から自分のめざす脱毛や体質、期間や予算にあった方法を見つけるために、現在多くのサロンが採用する脱毛技術をご紹介しましょう。

光脱毛

フラッシュ脱毛やIPL脱毛、プラズマ脱毛などがあり、ムダ毛の処理ができる波長の光を毛根部に照射して脱毛します。
光脱毛のメリットは、肌にダメージを与えない安全性の高さと痛みの少なさ。サロンやクリニックで行われるすべての脱毛方法の中でもっとも優しく、痛みに弱い人には最適な脱毛方法とされています。
また、光をムダ毛の生えている部分に当てるだけで、広範囲に照射するので、一回の施術時間が短いのも人気の理由。他の方法に比べてコストが少ないのも見逃せないメリットです。

医療レーザー脱毛

レーザー光線によって毛根部を破壊しながら脱毛します。
毛根を熱で変性させるために肌への負担が少なく、安全性も高いのが特長です。
ただし、短い波長の電波であるために細い毛の脱毛に弱点があります。日焼けしている部分や色の黒い肌の方は軽いやけどをすることもあります。

ニードル脱毛(電気脱毛)

絶縁針を毛穴に差し込んで脱毛する方法。1本1本を処理していくために、施術時間が長くかかり、さらに他の方法と比較して痛みが強いことが欠点です。
また、確実に脱毛しようとすると肌へのダメージが強くなり、逆に肌へのダメージを少なくしようすると脱毛効果が中途半端になるという、使う方にも使われる方にもリスクがある難しい脱毛方法とされています。

ワックス脱毛

専用のワックスを皮膚に塗り、毛根から一気に抜く脱毛法です。最大のメリットは、低価格と手軽さ。
結婚式の前や海水浴に行く前など、一時的に素早く脱毛したいニーズに適している反面、脱毛が長続きせず新しい毛が生えてきてしまうのがこの脱毛法のデメリットです。


自己処理がやめられない人はどうすればいいか

カミソリか毛抜きか。

何もせずにいた場合、そった後にかゆくなる人は市販の電気シェーバーが向いています。

毛穴がボツボツと鳥皮のようにデコボコしている場合には、電気シェーバーではさらなる刺激になりますので
カミソリが良いでしょう。

ただし、カミソリは目には見えなくとも、徐々に刃こぼれを起こしており、そのまま使い続けると皮膚を一緒に剃り落とすことになりますので、必ずメーカーが推奨する期間で歯を替えることが必要です。

毛抜きは必要以上に肌へ力がかかるためお勧めしません。
肌荒れ、黒ずみを引き起こすだけでなく埋没毛の原因にもなります。

また、洗面所などの湿気の多い場所に放置したカミソリは雑菌の繁殖が見られますので、使用説明書に従って必ず清潔にしておく必要があります。

雑菌の繁殖したカミソリを使うと、皮膚に炎症が起こりやすく、黒ずみの要因になります。

どこで処理するか

多くの人は面倒臭がって入浴中に行っているでしょう。

すべりを良くするために石鹸剃りをしている人も多いというアンケート結果が、大手メーカー調べにより出ています。

しかし、これもまた肌を一緒にそぎ落とす原因になります。

入浴後の清潔な肌にピューレパールを塗り、毛の流れにそって除毛し優しく拭きとります。(逆剃りは肌を傷める原因になります。)

除毛後は角質が剥がれているため、しっかりと保湿することが重要です。再度たっぷりとピューレパールを塗ってお休みください。

ピューレパールには抗炎症成分がたっぷりと含まれておりますので、すでに起こっている炎症を鎮めるだけでなく、炎症予防やカミソリ負け防止にも効果があります。

↓ ピューレパールの公式サイトはこちら ↓

脇訴求



運営者情報